メディアの前に姿を現さない、「謎の社長」たちがいる。 彼らは、口を揃えて「紙面に登場することのリスク」を強調する。 情報化社会の流れに逆らう消極的メディア戦略は、いつまで続けられるだろうか。