ギャルの聖地とも言われるファッションビル「SHIBUYA 109」。ここを本拠地として、若い女性向けのブランドを数々展開してきました。看板ブランドの「セシルマクビー」は今年で25周年。直近の12年間は、109内で売上高トップの座を保ち続けています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1258文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。