最新鋭航空機「ボーイング787」の路線拡大が着々と進んでいる。最初の顧客であるANAに続いて、この春、JALも初号機を受領。「空」に革命をもたらすこのハイテク機の製造を支えたのが、日本企業だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3212文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題