4期連続というだけでなく、過去最悪となる5200億円の最終赤字を見込むソニー。 ソニーの再建を託された平井一夫新社長は4月12日、初めて経営方針を語った。 「One Sony」を強調し全社一丸での変革を打ち出したものの、前途は険しい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年4月23日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。