日銀短観によると、IT関連投資計画は弱含みの見通し。ただ、各業界が今後、段階的に増額していく余地は大きい。投資サイクルも好転。IT関連各社の利益率改善を見込む。