日本政策投資銀行(DBJ)は5月にも、「健康格付け融資」を始める。従業員の健康に配慮した「健康経営」を実施する企業を認定し、優れた企業には優遇金利で融資するというもの。従業員の健康管理をきちんとしている企業ほど貸し倒れのリスクも少ないという考え方に基づくもので、こうした融資は世界で初めてだ。