タブレット端末などを高性能化する新技術の実用化が間近だ。 技術を発明した国内の研究機関は特許収入に期待を寄せる。 ただ、競争の激しい業界だけに、思惑通りいかない懸念も残る。