三菱自動車は4月12日、EV(電気自動車)に搭載するリチウムイオン電池を活用し、工場や事務所の電力需要を平準化する実験施設を稼働した。太陽電池などで発電した電力をEVにためておき、電力需要がピークを迎える午後などに取り出す仕組み。EVで使用済みの中古電池の性能実験も進める。