三菱自動車は4月12日、EV(電気自動車)に搭載するリチウムイオン電池を活用し、工場や事務所の電力需要を平準化する実験施設を稼働した。太陽電池などで発電した電力をEVにためておき、電力需要がピークを迎える午後などに取り出す仕組み。EVで使用済みの中古電池の性能実験も進める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り426文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年4月23日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。