「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300のエラーが存在する」。ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが発表した、有名な「ハインリッヒの法則」です。これに従えば、小さいシステム障害に目を光らせ、トラブルの芽を常に摘んでおけば、重大なインシデントを防げるということになります。