現在主流の結晶シリコン系太陽電池の限界を超える次世代技術の研究が進む。「量子ドット」というナノ技術を駆使して、発電の効率を飛躍的に高める。開発に成功すれば、太陽電池だけで動く電気自動車やスマホなどが実現するかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3623文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題