市場で投資家のリスク選好が顕著になってきた。欧米景気の回復を受けた「恐怖指数」低下が物語る。指数の低位安定が続き、円安・株高は当面続きそうだ。