システムトラブルをゼロにすることは事実上、不可能だ。リスク管理を徹底し、人材を投入するなど対策を打つ必要がある。経営トップがシステムの実情を理解し、あるべき姿を積極的に考えるべきだ。