昨年12月末、神奈川県に住む30歳の女性は、購入したばかりのスマートフォン(高機能携帯電話)を片手に、身に覚えがないメールを見て困惑していた。送信元メールアドレスは見ず知らずのものだったが、送られてきたメールは仕事の要件と思しき内容で、迷惑メールとも思えなかったからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 システムが止まる日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。