日本経済を円滑に回す生命線である株式市場と、今や生活に不可欠な携帯電話。安定運用を担う東京証券取引所とNTTドコモで、システム障害が発生し2カ月が経った。根本原因はどこにあったのか。「日本のインフラが止まった日」を徹底検証する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り346文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 システムが止まる日」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。