歴代経営陣による巨額粉飾事件に巻き込まれ、社長に就任、再建に奮闘した。だが、自身を含む取締役の全員退任が決まり、新経営陣には銀行関係者が並ぶ。かつて金融支配からの脱却を目指した生え抜きの1人、高山氏は何を思うのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4669文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2012年4月16日号 56~58ページより目次