かつて日本勢の猛攻で駆逐された米国のテレビメーカー。その歴史に新たなページが加わるかもしれない。ある新興テレビメーカーが、4月18日に薄型テレビの量産を米国で始める。生産地に選んだのは自動車産業の衰退で荒廃したミシガン州デトロイトだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3035文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2012年4月16日号 45~47ページより

この記事はシリーズ「特集 米製造業ルネサンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。