家業は継がないと決め家を出るも、養豚の理不尽な現実を知り舞い戻る。飼育を一切手伝うことなく、売り方を変えるだけで年商を5倍にした。「農業プロデューサー」を自称し、日本の農業全体の変革にも奔走する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5253文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題