縮小が続くメガネ市場で機能競争が勃発している。各社が狙っているのは、今までメガネを着用してこなかった新たなユーザー。パソコン作業時などに目を守るといううたい文句で、新市場を切り開く。