富士重は、中国で合弁会社設立への手綱を緩めると決断した。 中国政府の認可が出ないため、経営資源をほかへ振り向ける。 風車とゴミ収集車の事業譲渡も決定。選択と集中が進む。