シャープは台湾ホンハイとの資本・業務提携を決断した。懸案だった堺工場の液晶パネル稼働率は改善に向かう。本体への出資受け入れには金融機関の強い要請があった。