日本IBMが社長交代を発表した。日本人以外の社長が56年ぶりに就任し、従来の「独立路線」から大きく方針を転換する。5月15日付で、マーティン・イェッター氏が社長に就き、橋本孝之社長は会長に退く。橋本社長は社長交代について、「足元の業績は良くないものの、それが交代の要因ではない。米IBMが持つ全世界の経営資源をフル活用し、最適なサービスを顧客に提供するため」と話す。日本IBMの売上高は2001年12月期に1兆6000億円だったが、2010年12月期は9300億円と伸び悩んでいる。