2011年度は業績の好調さが目立った小売業界。2012年度も「需給バランス」の悪化懸念は小さい。主要各社で底堅い業績の推移が見込まれる。