決して消えることのない東京電力の「罪」。それでも政府は東電を存続させる道を選んだ。震災で浮き彫りになった日本の電力会社と供給システムの構造問題。東電の経営形態の見直しは、そこにメスを入れる一歩となるだろうか。