関電・大飯原発が再稼働の第1号と目される裏には、電力・自治体の複合体構造が潜む。原発マネー以上のつながりが、地元自治体や関連産業との間に強固に出来上がっている。東電をはじめ電力会社の事業モデルは行き詰まり、今夏の電力不足は不可避に。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6119文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 電力維新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。