年商1兆円超の大手化学メーカーが居並ぶ中、独自製品で存在感を示す中堅のクレハ。原動力は、一度開発を始めた化学素材が結実するまで数十年も費やす独特の技術経営だ。「総花」でも「選択と集中」でもない技術マネジメントの要諦を岩﨑隆夫社長が語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5239文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題