広東省北部の地方都市で、将来を嘱望された共産党の若手幹部が自殺した。珠江デルタからの企業誘致を進めたが、土地の収用につまずき、精神的に追い込まれた。政府が土地を安く迅速に確保できる時代は終焉。企業側にも自覚が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4259文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2012年4月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。