日系自動車メーカーが相次ぎ、世界市場をにらむ「戦略車」の海外生産を始める。拡大する新興国市場向けのクルマを、新興国発でグローバルに展開する戦略だ。円高と通商戦略の遅れが逆風となる日本には、本格的な空洞化が訪れる。