国土交通省が発表した2012年1月1日時点の公示地価で、大阪府から4年ぶりに上昇地点が出た。特に商業地では地価の下落率2.1%と昨年の4.6%から大幅に縮小。東日本大震災もあり、地価の「西高東低」を印象づけたが、手放しでは喜べない事情がある。