行動科学に基づき安全を担保する経営手法が注目されている。社員一人ひとりが自発的に危険行動をゼロにし、安全行動を増やす持続的な取り組みだ。決め手は叱咤ではなく、社員の安全行動を評価し、すぐに褒めて表彰することだ。