かつて考古学を志した青年は、発掘資金を獲得するため、米国に渡った。そこで目にしたのは、金融本位の資本主義が崩れていく姿だった。成功者となった今、日本から新たな資本主義を生むことに情熱を傾ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5449文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題