かつて考古学を志した青年は、発掘資金を獲得するため、米国に渡った。そこで目にしたのは、金融本位の資本主義が崩れていく姿だった。成功者となった今、日本から新たな資本主義を生むことに情熱を傾ける。