太陽電池市場が黄昏を迎えた。欧州市場の伸び悩みで太陽電池の価格が昨年、半値にまで急落した。次世代エネルギーの旗頭と目されてきたが、市場は世界で総崩れの様相だ。価格競争を仕掛けた中国勢は規模の追求で生き残りをうかがう。このままでは日本勢は危うい。陽はまた昇るだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6668文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 太陽電池の黄昏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。