現在の原油価格上昇の要因は、需給逼迫ではなく、中東情勢に対する不安プレミアムだ。米大統領選を控え、現時点でのイラン攻撃の可能性は低いが、危険性は高まっている。中東全域に不安要因は多く、原油価格が高騰すれば世界的景気後退もあり得る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3332文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2012年3月26日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。