野田佳彦政権の命運が懸かる「消費税政局」が重大局面に入った。法案成立へ関門が続くが、野党が求める衆院解散は先送りの雰囲気が漂う。キーマンの思惑も絡み、微妙なバランスが形成されているためだ。