個人生活においても、デフレ思考は行きすぎると実害をもたらす。「極端な節約生活は人生の損」と気づき、生活を見直す個人も増えてきた。政府、企業に加え個人が意識を変えること。それなしに脱デフレは実現しない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さらばデフレ消耗戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。