個人生活においても、デフレ思考は行きすぎると実害をもたらす。「極端な節約生活は人生の損」と気づき、生活を見直す個人も増えてきた。政府、企業に加え個人が意識を変えること。それなしに脱デフレは実現しない。