高価な材料を使い、新機能を盛り込んだからといって、消費者から「本物」と認められるわけではない。人の「エモーション(感情)」を突き動かす商品。トヨタ自動車は本物をこう定義する。