デフレ下で落ち込んだ収益力を日本企業が回復させるには、現状の単価下落を阻止するだけではおぼつかない。自社にしか作れない「本物の一品」を作り、価値が分かる消費者に高額でも買ってもらう。そんな「本物」志向が、「安物」に飽きた若い世代に広がりつつある。