日銀が物価安定の「目途」を設定し、事実上のインフレ目標の導入に踏み切った。その結果、急速な円安・株高が進行。脱デフレを図る最後の猶予期間が生まれつつある。この機を活用し一段の構造改革を進めないと、日本はいよいよ奈落の底に沈みかねない。