スウェーデンに本拠を構える、世界最大の家具チェーン、イケア。日本の港北店(横浜市)は26カ国、287店舗の中で最大級の集客力を誇るそうです。なぜ、イケアは日本の消費者を惹きつけたのか。手頃な価格が支持されていることは間違いありませんが、それだけではないでしょう。デフレが進む日本では、品質、価格の両面でイケアと遜色のない商品を揃える家具チェーンはほかにもあります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り658文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2012年3月26日号 1ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。