原油やガス価格上昇で、ガス・電力会社はコスト負担が増加。値上げ分を料金に転嫁するまで、当面は収益が圧迫される。一方、原子力政策見直しで、ガス会社は商機拡大が見込める。