フランスの作家、エミール・ゾラは1883年に出版した『ボヌール・デ・ダム百貨店』で大規模な小売店の勃興を描きました。百貨店は質の良いレースを大量に調達して安値で店頭に並べ、パリの貴婦人を魅了します。近くにある老舗の個人商店は安値の商品で百貨店に勝負を挑みますが、百貨店のさらなる安値攻勢で事業の道を閉ざされます。質が高く、安い商品が人を魅了し、商売の勝敗を決めるのは、19世紀から変わらないようです。