10年前、倒産寸前の経営危機から復活し、今期は過去最高益を見込む。穀物メジャーを射程に入れるなど、次なる成長への布石も打ち続ける。危機感の共有と必死の自己変革が肝要と説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5900文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題