13年間にわたって務めてきた千葉市美術館の館長を3月末で退任することになりました。任期中は特徴のある企画展を数多く打ち出し、2010年の「田中一村 新たなる全貌展」では過去最高となる6万人以上の入場者数を記録しました。全国の美術館は今、入館者数の減少にあえぎ、閉鎖するところも出てきていますが、我が館は右肩上がりを続けています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1232文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。