東日本大震災で災害派遣医療チームDMATの活動を裏で支えた。「救急医療のデッドスポット」と呼ばれた地域で救命救急体制を確立。権威には徹底的に背を向け、患者基点の合理的な組織作りに取り組む。