コストを下げるうえで、デザインと並んで重要な役割を果たすのが、調達だ。イケアの調達先は現在、約1000社。しかし、その数は10年前の約半分に集約されている。しかも、上位150社で全調達量の半数を占める。