イケア村を歩くと、イケアの家具を組み立てる時に使う、六角レンチの巨大なオブジェが玄関口に置かれた建物に出くわす。イケアの心臓部、イケア・オブ・スウェーデン(IOS)だ。ここで、世界で販売されるすべての商品がデザインされている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1779文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 イケアの秘密」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。