撮影スタジオの広さは8800平方メートル。ここで発行部数2億800万冊、300ページ以上にもなる分厚いイケアの商品カタログが撮影されている。1冊につき最低2人の目に触れるというから、読者数は4億人を超える。カタログ製作を担うイケアコミュニケーションズ(ICOM)のマネージングダイレクター、スザンヌ・プルベレール・ベルグストランド氏は、「カタログは1951年の創刊以来、最重要のマーケティングツールであり続けている」と話す。