増え続ける待機児童問題の解決策として期待される民間企業の保育園参入。規制緩和から約10年。難攻不落の参入障壁を破ろうとする動きが目立ち始めた。国が2015年度からスタートする「総合こども園」の成否も問題のカギを握る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5534文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題