紙に書いたメモや図を、そのままデータ化できる「デジタルペン」が注目を集めている。スマートフォンやクラウドサービスとの連携で、利便性が格段に向上した。個人利用から業務用途まで、幅広い可能性が見込める分野だ。