欧州連合(EU)が、コーポレートガバナンス(企業統治)の分野で新たな規制に動き出した。取締役会の女性比率を引き上げるために、「クオータ制(割当制)」導入などを検討し始めたのだ。3月5日から一般から幅広く意見を求め、年内に対策をまとめる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1477文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2012年3月19日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。