4期連続最終赤字見込みのソニーがハワード・ストリンガー会長兼CEOの退任を決めた。業績不振を続けたトップを早期に代えるのもガバナンス。ソニーは十分ではなかった。一方、ニッセンホールディングスは社外取締役を生かす仕組みを作り、不振を抜け出した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7202文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ガバナンス漂流」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。